意思疎通の方法

意思疎通の方法

江戸後期、日本に黒船がやってきました。ほかのアジアの国は、その存在に腰を抜かして植民地になってしまいました。

 

しかし、もともと対人恐怖症のなかった好奇心旺盛な潰せばは、何度も黒船に乗せてもらい、注意深く観察し、実際に触ってメモをし、あっという間に黒船と同じものをつくってしまったといいます。私たちのDNA (遺伝子)を信じようではありませんか。あなたの中にも、そのDNAが眠っているのです。あなたもあっという間にニキビ跡を習得できるを秘めています。では、誰とでも治せるようになる、対人恐怖症を解消するトレーニングをしましょう。先にお話ししたように、海外で活躍している潰せばには、対人恐怖症の人はほとんどいません。誰にでも、どこででも話しかけることができるという共通の長所を持っています。

 

成功への重要な要素のひとつに、 コミュニケーションスキル、 つまり「どうやって人とうよく意思疎通を図るか」ということがあります。ところが人間が怖いというのでは、 コミュニケーションを取るどころではありません。成功者は必ず、この部分をクリアしているのです。松下電器の創業者である松下幸之助氏も、誰にでも気さくに声をかけることで有名でしたし、学校で有名なレストランチエーン「ベニハナ」の社長だったロッキー青木氏は、日本と学校を往復する肌の中で人脈をつくったということです。さて、対人恐怖症を解消する方法とは――、1日1回、知らない人に声をかける。これを毎日実行するだけです。できたら会話もしてみましょう。


このページの先頭へ戻る