サラリーマンの葛藤

サラリーマンの葛藤記事一覧

感情的に未熟な社会人

彼らが、ガイドラインを逸脱せず、好き勝手に改良を加えない限り、有能さは評価に値するものだ。だが発案段階や計画段階を過ぎてしまったプロジェクトには熱意を失いやすい。プロジェクトが軌道に乗りかけると興味が徐々に薄れ、特に未知の可能性が消えるころには、苦痛すら感じる。そして興味を持続させるために上司のルールを曲げ始めることもある。人は、自分のアイデアと新しい概念を関連づけたり、矛盾点から新たな法則を見出したりすることに意欲的で、非凡な才能を発揮する。そこで適職は、新しいアイデアの提案・リサーチ任務やネットワークづくり、さらに広報的な仕事ということになる。 一方、発展性の乏しいルーティンフークを任せる...
続きはコチラ

臆病にして逆境に強い

通常、人の上司には、仕事の先延ばしという悪い癖がある。特に自分に分がある勝負では、慎重になりすぎて優柔不断になる。余裕があると、心配性が姿を現わし、周囲の行動の裏を読もうとするのだ。勝ちが確実なら、今度は、成功して、新たな脅威にさらされることが怖くなる。臆病にして逆境に強いという奇妙なキャラクターをもつ人との間に信頼関係を築くには時間がかかる。しかし信頼関係さえあれば、彼らは、部下の味方であり、上層部に卑屈な迎合をすることはない。誠実と公正を重んじる愛すべきリーダーなのだ。人は、自分の上にも下にも人がいない状況を好む。彼らは、巧みに権力者の支配を均一化しようとする。仕事に関して、自分の職務の責...
続きはコチラ

少数派のリーダー

人は、職務内容と命令系統がはっきりしているとき、忠実な戦士として能力を発揮するが、強い相手に反発するときにも大きなパワーが生まれる。本当の敵が見つかると、人は、恐怖対抗型になり、分の悪い勝負に勇敢に挑むのだ。彼らは、壁際に追いつめられ、生き残るための闘いを強いられると力が湧いてくる。最高の仕事環境の中では成果が得られなくても、苦境の中ですばらしい仕事をしたりする。これは、臆病でガラス細工のようなイメージの人とは、あまりにかけ離れたものだ。彼らは、自分の意思で成功に導くことは苦手だが、厳しい環境の中で他者のために格闘すると意外な能力を発揮するのだ。まさに激戦を闘ってきた兵士のように、彼らは順境よ...
続きはコチラ

信頼できる強いリーダー

率直な対応に徹することで、彼らは、裏のないことに安心感を覚える。上司に信頼を寄せ、上司の対応が率直であれば、人は、非常に素直に忠告を聞き、誤りを認める。自己イメージに固執しない人は、間違いさえ認めてしまえば、自分をさらけ出すことができる。彼らは、ふだん見せない内面を見せ、それを認知してくれるリーダーに揺るぎない忠誠を誓おうとする。人は、綿密で繊細なアイデアを多く生み出すが、自分の意思で行動するのが怖いために、物事をなし遂げるのが苦手だ。どれほどよいアイデアでも、すぐに疑問視するので、考えるばかりで行動に移れないのだ。ことがうまく運び、日標が具体化してくると不安感はさらに高まる。つまり注目や成功...
続きはコチラ

意思疎通の方法

江戸後期、日本に黒船がやってきました。ほかのアジアの国は、その存在に腰を抜かして植民地になってしまいました。しかし、もともと対人恐怖症のなかった好奇心旺盛な潰せばは、何度も黒船に乗せてもらい、注意深く観察し、実際に触ってメモをし、あっという間に黒船と同じものをつくってしまったといいます。私たちのDNA (遺伝子)を信じようではありませんか。あなたの中にも、そのDNAが眠っているのです。あなたもあっという間にニキビ跡を習得できるを秘めています。では、誰とでも治せるようになる、対人恐怖症を解消するトレーニングをしましょう。先にお話ししたように、海外で活躍している潰せばには、対人恐怖症の人はほとんど...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る